徒然なるままに
お菓子とユキが日々思ったことや思いついたことを書くノンジャンルなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Life
こんばんわ。RITZ!です。

遂にユキがうちのことを「管理人」と呼び始めた。
正直これは辛い。今までは「主」だったのに・・・
まぁ自分がまいた種だから仕方ないか。(過去記事参照)
てヵ、我ながら女々しいな(;´Д`)キヲツケナイト


さて、今回はリア友もよく知らない私の持病について説明。

書くことないんだ・・・。ちょっと暗くて、難しい話かもしれないが。

見たい人だけでいいんだ。うん。

あとで、明るい記事書かないといけんなw

んじゃあ追記へ。
1.「ウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病)」

これは歌手の「徳永英明」さんも同じ病気ですね。でもあまり知られてないみたい。

20080817_90410.jpg


脳底部に異常血管網がみられる脳血管障害で、脳血管造影の画像で異常血管網が

煙草の煙のようにモヤモヤして見えることから、日本人研究者により

「もやもや病」と命名されました。

かつての正式名称はウィリス動脈輪閉塞症であった。

原因:(Wikipediaより)

発見から数十年が経っているにも関わらず、

未だ原因は断定されていない。

まずウィリス動脈輪部の閉塞が徐々に起き、虚血を補うために側副血行路として

異常血管網が形成されるというのが有力な説である

(注:ウィリス動脈輪部の閉塞が一気に起きた場合は脳梗塞になる)。

症状:(Wikipediaより)

の動脈に狭窄があると、当該血管支配領域の脳は血液不足(虚血)に陥る。そこで代償的に新たな血管(もやもや血管)が構築される。しかしこれらの血管は細く、脳虚血・または脳出血に起因する種々の発作の原因となる。

虚血の発作は過換気が原因で起こる。過換気状態になると血液中の二酸化炭素分圧が低下する。二酸化炭素は血管を拡張させる働きがあるので、これが減少すると血管が収縮する。すると、元々細い異常血管網(もやもや血管)はさらに収縮を起こして脳に送るべき酸素の供給が不足する状態になる。こうして失神や脱力発作が起こる。典型的な過換気状態は、熱い蕎麦やラーメンなどを冷ます「吹き冷まし」行為や、啼泣、リコーダーやピアニカなどの吹奏楽器演奏時など、必要以上の呼吸を伴う動作で発生するため、注意を要する。また、成人発症例では動脈硬化が関与して狭窄を引き起こすものと考えられている。

一方出血の発作は、脳の血液需要に応じるための大量の血液を送る血管(もやもや血管)が細いために破綻するものと考えられている。成人発症例に多い。

出血箇所が悪い場合、致命傷となる。 また、成人に近い成長期に出血すると脳全体に脳浮腫(加速的な腫れ)を発症し、多くの場合、助からない。 最も留意すべきは補助的に作られた即席・もやもや血管は壁が薄く破れやすい所にある。

本疾患は原則両側性に起こるが、その程度は様々である。一方の内頸動脈の狭窄は重度であるがもう一方は極めて軽度であるということもある。

以下に小児と成人の初発症状で多いものを示す。

 《初発症状の発現頻度》

約50%以上: 運動障害

約30%以上: 意識障害・頭痛

約10%以上: けいれん・言語障害・髄膜刺激症状

約10%以下: 感覚障害・視力障害・視野障害・知能低下・精神症状・不随意運動


私は小学3年の頃肺炎で入院したとき、吸入時に発作(右半身の麻痺と言語障害(ろれつが回らない))がおき、検査をして発見できました。(当時100万人に1人)

肺炎で退院後半年が立ち、また発作が小学校で起き、そのまま大学病院で検査、入院となりました。

実は、このような発作(右半身の麻痺)は幼稚園の頃、風邪で嘔吐したあとにも起きていたので、いつからこの病気を持っていたのかは不明。



手術(バイパス手術)後、発作は一度も起きてはいないが、関連性の在る症状(?)が「目の奥の異常な痛み」が朝起床時に稀におきる。

この痛みは何時間も続く。(嘔吐をもよおす場合もある。)しかし、もう一度何時間か寝ることにより痛みはおさまる。(しかし、痛みでなかなか寝られないんだなこれが(;´Д`))

現在、運動もリコーダーもできる。しかし、水泳は発作を引き起こす危険性が高いため禁止されている。まぁ、プールとか海行っても浸かるだけだわなw



2.「腰椎分離症」

まぁ、これは前の記事にも書いてたからねー。あんま説明はいらんかな。

自分は、一番下の腰椎が左右共に分離。今でも、たまに痛みがくる(;´Д`)

まぁ、疲労骨折とかだそうで、スポーツをしている人になりやすいとか。

ヘルニアよりも対処がむずかしいらしいですねー(;´Д`)

先生の話によると、「年とったときに、足にしびれがくるかも」とかなんとか。

今そんなせんといてくださいな。怖くなってくるわって感じでしたがまぁ仕方ない。


はい。結構すごいもの抱えちゃってます。うん。

まぁ、元気に生きられてるからいいんだょ!・・・でも持病抱えてると・・・ねぇ。

生きてるってのはいいもんです。

どんなに辛いことが起きても、それは生きてないと感じられないし

辛いことのあとにはきっといいことがあるはずです。

なんかのドラマで言ってた一言。

「必ず夜は明ける。 夜明け前が一番辛いんだ。」

まぁ比喩表現ですけどね。

辛いことはずっと続かない。 いい事は絶対にくるってことですね。

まぁ人それぞれタイミングは違うでしょうけど。

てヵ、アレルギー性結膜炎とアレルギー性鼻炎のおかげで花粉症の時期

とっても苦しんでるのは秘密。

とりあえず、毎年インフルエンザにかかるのはやめてくれないか。

予防接種してるのに。・゚・(ノД`)・゚・。



まぁこんな感じ?wかなw

普通の生活には支障は全くないのでいいのです。

自分と接していても

「持病を持ってるとは思えない。」だそうです。

しかし、入院とか繰り返したおかげもあってか

人に優しくなれた(人と比べたら全然かもだが)気がする。

めちゃくちゃ長くなってしまい申し訳ない。

全部読んでくれたあなたは私にとって天使ですわ。いや、マジで。

へへっwんじゃぁ、あとからもう一回更新するけど、今度は楽しくなるようなのを

書かないとねw

んたらまたあとでーん。(≧▽≦)ノシ

                                                   writedBy:RITZ!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。