徒然なるままに
お菓子とユキが日々思ったことや思いついたことを書くノンジャンルなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭が疲れたよー
そろそろ今のiPhoneのカバーに飽きてきたRITZ!です。どうも。

iPod Touchとパッと見で見分けられるように、白いカバーにしたのが

間違いだった。やっぱ黒がいいよ黒が。

てヵ複数のカバー買っといて、付け替えて楽しんだら面白いかも…。

あー・・・変えたいなぁ・・・いろいろと形とかあるんだが

近所の電気屋にはあまり種類が置いていない(´;ω;`)

皮肉なことに海外製がめちゃくちゃカッコイイ。でも置いてない…。不幸だぁああああ!

黒で思い出したが、キーボードも黒にしたい。できればLogicoolの。

Microsoftのキーボードにもいいのはあるんだが…どうしよう。

まぁまだお金ないし、貯めないとなんですけどね。

あ、迷い猫のラジオとらないと…。早くとっとかないと消されちまうよ。

Cravingは合法です!ってどっかの雑誌が言ってた。よかった、合法か…。
「目が!目がぁぁぁぁぁぁあああああああああ!」

たまたま木から滴り落ちてきた雨水が目に入ったときの私の叫び。

メガネかけてたのにどうしてキレイに入るかな・・・。

なんか知らんが結構目にしみた。酸性雨?なんにしてもコエー(゚∀゚ )



部活も終わり、完全に勉強体勢です。今日は5時間しました。5時から10時ちょいまで。

けど・・・まだ足りない・・・。てヵ、やろうと思えばまだあと2時間できるな。

平日7時間勉強ってすごくね。コレ。すっごく疲れるけどね!

関係ないけど、話し上手になりたい。ユキとの会話で途切れることが多くなってきた気がする。

多分、反応しづらい話の振り方なんだと思うんだ俺。これはいけない。非常にいけない。

もっともっと頑張らないと。

さてー。書くことないよー。どうすっかなぁ・・・。

めらみぽっぷさんの唄う人形裁判のアレンジの

「砂鉄の国のアリス」にハマリ始めたので歌詞つきで紹介。

この歌詞戦法ひさしぶりだね。


【東方Vocal】 砂鉄の国のアリス 【人形裁判/the Grimoire of Alice】より

サークル:凋叶棕
  収録. :宴
  楽曲. :砂鉄の国のアリス
  作詞. :RD-Sounds
  編曲. :RD-Sounds
  歌手. :めらみぽっぷ
  原曲. :人形裁判 / the Grimoire Alice



目を覚ました僕に 優しく声をかけてくれた
その時から僕は貴方を守ると そう、決めたんだ

二人だけの王国の主 砂鉄の国のお姫様は
僕に名前を与えてくれた 
二人だけの秘密のセカイ ちっぽけな箱庭の中で
僕は生まれたのか

僕の名前を呼ぶ度 貴方は笑うんだ
もっと貴方に笑って欲しくて 僕は貴方の名を呼んだ

狭いこの王国で 理を抱く砂鉄の姫
貴方に貰ったこの名前 とても誇らしいから
長い金色の髪を 紅く彩るシデーロス(鉄)
麗しき姿はとても美しく でも…何故だか怖かった

二人だけの王国の主 砂鉄の国のお姫様は
僕に身体を与えてくれた
二人だけの秘密のセカイ 永遠の安らぎの中で
僕は暮らすのだろう

僕の身体を見つめて 貴方は笑うんだ
もっと貴方に笑って欲しくて 僕は貴方に触れてみた

狭いこの王国で 理を抱く砂鉄の姫
貴方とお揃いの この髪がとても誇らしいから
蒼いその瞳は 魔法をかけるミオソティス(忘れな草)
麗しき姿はとても美しく でも…何故だか哀しかった

どういて貴方は泣いてるの 声を出すたび触れてみるたび
貴方の目から光が消えて いつしか気づいてしまったんだ
ひび割れたこのククロセアトロ(人形劇)
僕の名前は? 僕の身体は? 私は誰? 
 
狭いこの牢獄で 偽りを抱く蹉跌の姫
貴方にかける言葉は 何処か虚ろに響くばかりで
黒く染まる体躯は 私より出づる罪の色
やがては何もかも崩れ落ちて さあ、そっと安らかに
目を閉じて



サビとこんとかの唄い方カッコイイ!

歌詞内容のキャラのかけ合わせとかには興味ないんだけどな・・・。

いつの間にかに「れみりあ☆ディスティニー」がトップ25に入ってた。

いつそんなに聞いたっけか?(;´Д`)

次回はそれと、「コイイロノユメ」(どちらもめらみさんの歌う東方Vocalアレンジ)を紹介

しようかなぁと。でわでわ。アヂュー(´Д`)ノシ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。